あなたが変われば周りも変わります


新人看護師~病院選びについて~

無事に看護学校を卒業すれば、新人看護師として医療現場の一線で働くことになります。
その医療現場ですが…新人看護師は、何を基準にして病院を選ぶべきでしょうか。
ポイントとして考えられるのは、「新人研修・卒後教育の充実度」です。
大学病院の場合、大学病院という組織の中で縦割りプログラムが組まれています。
中小病院の場合、大学病院のように縦割りプログラムができないかわりに、地域の病院や看護協会と合同研修(情報収集)といった1つに捉われない教育プログラムを組んでいます。
看護学校を卒業して、保健師になるという進路もあります。

保健師求人はこちら

保健師の求人はこういったサイトが参考になります。


転職はコーディネーターに相談

薬剤師の職場は同業者が少なく、転職を考えた場合、相談できる相手がいないという悩みが出てきます。
そんな時に頼りになるのが、人材紹介会社のコーディネーターです。
コーディネーターに転職理由や勤務先への不満など、様々な相談をすることで、条件が合う転職先を紹介してもらうことができます。
紹介してもらった職場に不満がある場合は、その理由を伝えることで、更に条件が合う職場を紹介してもらうことができます。

面接に同行するサービスを行っている会社もあるため、緊張しやすい人でも安心です。

転職後もいつでも連絡を取ることができ、アドバイスをもらえるだけでなく、休みを取りづらいなど、職場に言い出しにくいことも代行して伝えてもらうことができます。

薬剤師の資格を目指す為には

これから人の為に役に立ちたい思いから、薬剤師を目指している方もいることでしょう。
なりたいと思って簡単になれるような仕事ではなく、まずは大学に6年間通い勉強や実習を行ってから、国家資格を受けて合格すると初めてなることができます。
勉強の内容も専門分野ですが、難しい為それなりの努力が必要ともなります。
まずは今から目指している方でまだ、大学に通っていない方は大学に入学する為の勉強から始めましょう。
大学に入っている方は、勉強をしっかりと行っていればいいですが、資格の試験を受ける時には難しい問題の時の年もあるので、合格点ギリギリの成績お場合にはそれなりに合格点をどの教科でも取れるようにすることも必要です。
晴れて薬剤師の資格がとれたさっそく求人サイトで職場を探しましょう。

晴れて国家資格に合格をすれば、あとは希望の勤務先で働けるようになりますので頑張りましょう。